上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.06 最後の研修会
昨年の6月は参加者がいないということで急きょつぶれた研修会。

今回は、そんなことにはさせないぞ――と思い、2週間も前に確認に行ったら、
「いやー、参加したい人が多くて、3週間前に定員いっぱいになったから、もう締め切っちゃったわよ」

今回は大丈夫そうだと思っていたら。

初日の昨日。

開始の8時に待てど、待てど誰も来ない。

8時半を過ぎ、来た人は3人・・・。

始めていいのだろうか・・・?



という中、やっと10人集まった。

semina-2.jpg

去年とは自分が違って。
実験もこれまで何十回と先生方と一緒にやってきたもの。スペイン語も去年とは雲泥の差。

一緒に研修会をやるカウンターパートもほんと、熱心に取り組んでくれている。
去年とは大違い。


余裕がある分、研修会のいろんなところまで手が回る。

semina-3.jpg

semina-4.jpg

そして今回は、私たちが学校でいつもやっているように、冊子でなくてフォルダーを利用。

毎回、彼らのプリントに目を通すことで彼らとのコミュニケーションをフォルダーを通して行うことにした。(採点方式は去年、先輩がやっていたので見習いました)

5日間、しっかり出席したら、自分だけの素敵なフォルダー・実験集ができあがる。


そして、パナマでは研修会の初めと終わりにテストを行う。

昨日の初めのテスト・・平均点はなんと100点満点中の23点・・・・。


彼らがしっかりとこの研修会で学ぶことを習得できるように、今回は毎朝、復習テストも行うことにした。
今朝の平均点数はなんと80点。みんな、復習してくれたのね・・・。


みんなで最終テストの目標点も決めたいなぁ。


少ない人数での研修会。
参加者はみなさん素晴らしい人ばかり。

というのも今日は8時から11までぶっ続けで研修会をやっていたのに、誰一人と席を外さないし、真剣に取り組んでくれているからだ。その後、一度、休憩をはさみ、午後1時まで。

2日目にして彼らが本当に大好きになってしまった。
そして2日目にしてもうへとへとだけど、大好きな彼らに私にできる限りのことをやろうと決意しました。

1日に私たちがこれまでやってきた実験の2つを紹介しているけれども、先生たちにはしっかりと理解してもらいたいことが多くて、5時間じゃ伝えきれない!!


やっぱり、疲れていても誰かのために一生懸命働くって素晴らしいことだな・・と感じた今日。
ま、1月は夏休みだったので、久々に一生懸命働いているわけですが・・・。


残りの3日間もガンバリマス!
準備というものはやりだしたらきりがないですね~。

来週から始まる研修会、まだまだ準備をしつくせない。
ということで、明日は行く予定じゃなかったけど、理科室のドアが壊れていることもあって、学校へ行きます。

日本の理科室はいつも鍵が閉まっているわけではありませんよね??

パナマは人がいないときは閉めておかなければいけません。
盗難防止のため。

廊下側には窓はなく、前と後ろにドアが二つあるわけです。

そして、この2年間、後ろのドアは鍵がかかっていてあいているところを見たことがなかったわけです。
そしてそのカギも行方い不明と聞いてました。

はっきり言って防災上、超危険。
ま、今まで実験という実験してなかったから必要なかったんでしょうけれどもこの観点。


そして、たまーに後ろのドアを外から、他の実験室と間違えて誰かが開けようとしてガチャって鳴ることがよくあったんです。もちろん鍵が閉まっているから開かないわけですが。

それが、今日、知り合いの先生が
ガチャって
して
「あれ、間違えた!」
って言って帰って行ったんです。

私一人で・・・・はてな??


カギが。開いてる??


トイレに行く一瞬さえも前のドアのカギを閉め忘れたことのない、私と実習教師の先生。
な、なのに!!
後ろは開いてた??!!。

とりあえず、何も盗まれてはいないのでよしとして、
明日、修理に来る?らしいです。

ま、来週の研修会のために3か月も前からクーラー直してくれってお願いしていたけれど・・・・ね。

天秤とか火とか使うときは扇風機さえも消さなきゃいけないから
みんな汗だくでしょうね。

なにはともあれ、
明日もちょっと準備ができそうだからラッキーということにしよう。


そして、今日は県内小中の先生たちの研修会に飛び入り参加して日本の教育紹介をしましたー。
いろんな先生に話ができることは、本当に良かった。
パナマ時間をゆーーーくりと楽しんできたこの夏休み!

いかん!!

来週から、カウンターパートと1週間行う研修会。
パナマで初めての頭痛。(といってもそんなにたいしたことない)
焦り&不安からの頭痛か??


今日から先生たちは1週間の義務研修会。
何を研修しているのかって??

それは、今年度の計画の立て方と実践、だそうです。しかもこの研修、毎年やってるらしい。


なにはともあれ、今日も私は学校へ。

そして、ノルマルのいろんな先生に出会う。
久しぶりに同僚に会えて、ほんと嬉しい。

学校ってたくさんの人に出会ってたくさん話ができるから小さいころも大好きだったなーって思いだす。


農業の先生が、「科学クラブで使ってた肥料使ってもいい??」と聞いてきて、


先生たち、ほんとやる気だなーーーーー!!と感じた。


2月は大好きだ。

先生たちのやる気がみなぎっている。


というのも、ながーーーい休暇後だからだ。
休暇ってやっぱり必要ですね。
学校は夏休み。
休んでいる場合ではない。私の活動も残すとこ2か月。



ということで、先輩の村で「理科で遊ぼう」をやらせてもらいました。

ピンクのリボンを頭にのせると魔法使いになれる??!彼は一番に浮沈子のトリックを見破ってくれました!

tettyann2.jpg

割れないシャボン玉。子どもだけ…って言ったのに大人まで!!

楽しいひと時を共有させてもらいました。
計画を立ててくれた先輩隊員に心から感謝です。


tetyaann3.jpg

任国外旅行に行って、他の隊員の食生活に影響を受けた私。
私も自炊してやせるぞーーー。
でも!任地に帰って、おいしいスープをご馳走になった瞬間にその決意は破れ、

このパナマの脂っこい食事もあと2か月しか食べられないんだな。今、堪能しなきゃ!!

と太ることも前向きに!

あと二か月、この国のいいとこを満喫したいと思います。
とりあえず、今はスイカとメロンの季節。

一つ100円くらいで買えるので毎日フルーツを満喫してます。

一番のお気に入りは、パパイヤ!!
おいしすぎます。

私の好きな食べ物が、なすび→パパイヤとなってしまいそうです・・・。
 夏休み突入。

 パナマは先生たちも夏休み。仕事はありません。ま、ボランティアですから、普段から仕事は自ら探し、自らの意志でやるわけですが・・・。

 この夏休み、前半は任国外旅行、後半は理科で遊ぼう教室、先生方への研修会と計画を立てました。
 任国外旅行とは、ボランティアは1年に20日以内であれば、任国以外の国を旅できるという制度です。ちなみに行ける国も決まっていて、パナマは現在、コスタリカ、メキシコ、ホンジュラスの3か国です。

 前半はメキシコへ。


 ティオティワカンというピラミッドへ行きました。写真は月の塔より太陽の塔を背景に撮ったもの。

 後半はホンジュラスへ。
3IMGP0155+(2)_convert_20130121030041.jpg

 ホンジュラスのカリブ海。
2IMGP0018+(3)_convert_20130121025925.jpg

 私ははっきりいって、以前から海外旅行にはそんなに興味はなく・・・。JICAの研修以外で海外に行ったこともなっかたのですが・・・。

 じゃあ、なぜ海外にいるのか。それは、異なる国の人々が異なる言語、環境、文化の中でどんな風に考え暮らしているのか、興味があったから。

 メキシコは主に観光。同期がいないから。
 ホンジュラスはたくさんの同期がいるので、任地を訪問させていただいた。

 メキシコもとっても楽しかったけれど、やっぱり、同期が任地の人とどのようにかかわり、暮らしているのか知ることができたホンジュラス旅行は充実していた。

 そして、何よりも一番の収穫がパナマを振り返ることができたことだ。
 去年コスタリカに行ったときは、コスタリカは接客がよくっていいなぁ・・・。なんてそれくらいの感想だったけれど、今回はもっとさまざまは違いがあった。

 メキシコは寒い。そして極度の乾燥。毎日鼻がからっからになった。
 民芸品の完成度の高さには驚いた。
 コンビニでは2回もお釣りをだまされようとする・・・。一度は騙された。50ペソも!!
 人々が静かだ。
 道端で情熱的なキスをしているカップルが多すぎる。
 パナマ人に比べたらほりが深い、気がする。

 ホンジュラス。世界で一番殺人率の高い国と聞いていた。びくびくしながら旅行したが、私の関わった人々はみんな温かく、優しい人たちだった。スーパーがある都市にはいろんなものも売っていたし、お金持ちはすごい豪邸に住んでいた。中南米の国はそんなに気候も変わらないだろうと思っていたが、ホンジュラスはパナマに比べるとかなり涼しい。日差しも弱い。

 パナマに帰ってきて、刺さるような日差しの強さ、むんとする湿気。
 でももう今ではそれが居心地がいい。

 任地に帰って、とあるスーパーで昔ながらの、トムとジェリーに出てくるようなネズミ取りを買っている客にレジで出くわせば、レジの定員、客、後ろに並んでいる私の3人で世間話が始まるその感じがとてもいい。ま、私はそれでほんとにねずみとれるの?!ってつっこみたかっただけなんですけど。

 メキシコもホンジュラスもとても素敵な国だったのだけれども、私もパナマにすっかりなじんでいるんだなって、再確認できました。

 そして、ホンジュラスの旅では4人の同期の任地を巡らせてもらいました。
 そこでの彼らの気遣いに本当に感激で、感謝感謝です。

 やっぱり、同期はほんとに落ち着きます。2か月、寝食を共にした仲間。
 みなさん、本当にありがとう!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。