上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日は人生初のフルマラソンに参加しました。

 ゆーーーくりとしたペースだったら、何キロでも走れる自信があったんですが、

 35キロを走ったところで、それ以上走れなくなっちゃいました。初体験。なめてました。フルマラソン。ごめんなさい、ランナーの皆さん。

 記録は5時間37分。とてもいい人生経験になりました。


 朝5時からのマラソンのため、朝の3時に起きた。
 3時に起きるために夕方の6時半に寝たものの、ホテル近くのディスコテカがうるさくて眠れず。
 フロントまで、うるさくて眠れないと苦情を言いに行くも、ディスコテカだから私は何も言えない、と言われ。

 眠れないくらいの音量を流すディスコの近くに立地しているホテル。
 安眠できるスペースを提供できないホテル。

 でも、成り立ってる。

 こんなん、ホテルじゃない!だって眠れないだもん!! 私、明日の3時に起きて初のフルマラソンを走るんですけどーーーって言いたかったけど。
 日本だったら、訴えられる?!くらい!って思ったけど。

 なんだかんだでフルマラソンも完走して、メダルももらったし、任地に無事に帰れたし。二日目の従業員さんが優しかったし。そんなちっちゃいことでぐちぐち言うなよ。 何事も無事に終わったんだろ??
 ま、よいホテルだった。 という魔法にかけれるこの国。

 悪いとこをぐちぐち言わない。責めない。

 だから改善されないんだろ!っていう意見もあるだろうけど、

 私はそんなこの国が、おおらかでストレスなく、幸せに見えるのです。


 日本だったら。
 コンビニの定員が「いらっしゃいませー」って言わずに携帯でメールしてた。

 接客がなっていない!!と苦情の電話。

 有り得ますよね!!

 ここでは、レジで大行列ができていても、おしゃべりしながら仕事します。そして誰も文句いいません。


 ま、すべてがいいとは思いませんが。
 ただ、この国の人がイライラしないことを、日本人は異常にイライラしていると思うのです。

 なんだかそれって損してません?


 
 今日は、2月に行われる研修会の会議が行われました。
 任校の校長先生も参加していただき。

 そして、最初のパナマ人の先生のあいさつ。
 素晴らしかったー。

 おっしゃられていることが、本当に素晴らしかった!
 
 教育とはただ単に知識を教えるのみでなく、子どもたちにどう、意欲づけをさせるか。
 日本人ボランティア、一人ひとりから、日々、学んでいるし、また、子どもたちからも日々学ぶのだ。
 日本人が提供する方法をすべてパナマでは適用できないかもしれない。でもその試みから教育が改善される。

 なぜここまで素晴らしいことが分かっているのに、教育が改善されないのだろうか・・・。いや、改善され続けているところなんだろうな。


 そして研修会の打ち合わせ。

 研修会がきちんとMEDUCAと共に行われるようになって2年目。これは現所長が変えてくださった。
 去年は一年目で、手探り状態だった。

 ま、いろんなことがあったが、私が一番納得いかなかったのが、一緒に研修会をおこなってくれたパナマ人の先生への待遇である。
 
 まず、みんなが自由に研修を選べる期間なのに働かなければならない。特にプラスαの特典もなし。

 
 そして、いまだにもやもやしてるのが出張旅費の件。
 去年はなかったのだが、今年の6月、研修会を予定していたところ(結局中止になって受け取ってはないけど)、出張旅費の書類が私に送られてきた。
 私は任校で研修会をするために、まったくもって出張旅費はいらない。

 その旅費、朝ごはん代と昼ごはん代、移動費(タクシー代)で一日16ドル。5日分で80ドル。と見積もったもの。80ドルって言ったら、私がいつも一緒に働いている実習教師の先生の2週間の給料の半分ですよ!
 私、毎日自転車だからタクシー代もいらないし、食事代だってJICAから支給されてますし。

 始めはこの出張旅費、パナマ人の先生にはでないはずだった。でもなんとか出してもらえるようになり。
 私は受け取り拒否を主張。

 JICAの担当者からは、ま、出張旅費は配属先から負担してもらうって規定でもあるので、別に受け取ることがおかしことでもないと思います、と言われ。

 これが、もし、他の任地で行う研修会だったら、ホテル代もかさみ、5日で4~500ドルにもなるんじゃないかと思う。この金額、私たちの1か月の生活費よりも高いですよ!!

 ボランティアにこんな多額な金額を払うくらいなら、研修会に必要な物品の予算をあげてほしいと思う。


 とにかく、ボランティアが現地の生活に見合わない出張旅費をもらうことにすごく違和感である。
 昼食費1日8ドル、って私の任地なら5人くらい食べれますけど??と言いたい。
 せめて、実費用に近い金額ならまだ納得がいく。

 ま、あまりいいたくないけど、つまり・・・・・。
 上部の人は、一度の出張で、有り得ないくらいのお金をもらっているということだ。


 私は別にお金欲しさにJICAに参加したわけでないし、
 私たちに支払うお金があるなら、
 もっと必要とした部分に使ってほしいー。

 ま、このようにお金を有用にまだ使えていないからこそ、ボランティアが必要なんでしょうけど。

 この言葉でまとめてしまうと、すべてを受け入れざるを得ないので

 個人の活動で直面している問題に関しては、この言葉の元、改善していきたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/263-25019892
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。