FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.29 英語の研修会
来年からうちの学校は英語で授業を始めるべく・・
放課後、先生方への英語の研修が始まった・・・。

月から木の2時間。

9月から始まり、初めの100時間は11月に終了。

やっと終わったー、と思った矢先。
先週からまた次の100時間が始まった。しかも一日2時間半とさらに過酷に。

でも私にとっては同僚と会話する良い機会。

しかし!この英語研修。
私にとっては思った以上の収穫。あ、英語レベルは日本でいうところの中学3年生レベルくらいです。


今日は、ショッピングの学習。
洋服屋さんの語彙紹介で。
「タートルネック」「Vネック」「カーディガン」「ウィンドブレーカー」などという単語が。

そして一人の先生が、「どれも同じに見えますが、何が違うの??」と先生に質問!

たしかにパナマには縁のない洋服たち。
私たち日本人は素材から何からかなりイメージ付きますが、常に常夏の国では全くわからない単語たち。

「ウィンドブレーカーってね、風を通さないからめっちゃあったかいんだよ」
って、説明してみたけど、たぶん全然彼らにはイメージわかないでしょうね・・・。
風を通さないって、それってめっちゃ暑いじゃん!!という感じか・・・。


そして、今日は先生に隠れて雑談(英語で)してるなか、一人の先生に
「日本人の精神ってなんなんだ?あれだけ発展してたら伝統的なものとどう融合してるんだ?」と聞かれた。

「日本人はサムライ精神ですよ」と答えてみた。

 これは最近よく思う。この国では「我慢の美」というものが全く感じられない。むしろ、我慢せたらかわいそうなのである。に比べて日本は我慢すること、頑張ること、それがよしとされていることが多い。今はだいぶ変わったかもしれないですが。

 社会が一番苦手な教科だったので、(しかも日本史は高校で習っていないので)あまり歴史のことは知りませんが。何かを極めるために最大限に努力する(修行する)。自分を律するという精神はこのサムライ精神から来てるのでは・・と思うのです。自分を律するは(仏教)お坊さんの方が強いでしょうか??そして、自分がなにか大きなミスを犯した時には切腹までして責任をとる。

 そんな話をしていたら、彼が、「あー、サムライなら、本で読んだことがあるぞ。作者はー、うーん、たしかミチマだ!!」と言い出した。

 三島由紀夫か!!

 「ちょっと、ネットで検索してみてくれ」というので、検索してみる。「ま、パナマ人で三島を知ってるのは僕くらいだろうけどね。」と。「たしかに!!」パナマではあまり本が売っていない。こないだ新聞に村上春樹の「東京ブルース」が一面に載っていた。ちなみにこれ「ノルウェイの森」のこと。スペイン語ではこんなタイトル。新聞に載ってくるくらいだからと本屋に行って「東京ブルース」がほしいんだけど、と言ってもどこにもおいていない。


 三島由紀夫さん・・・。検索・・・。

 すると意外なことがたくさん。私が知らないだけか・・・。

 46歳という若い年でなくなられ・・・。

 うん??

 なぜそんなに若い年でなくなったのか?割腹自殺??

 三島事件!!

 しかも、私が生まれるたったの10年前にこんな事件が??!!


 そして思ったことは。

 最近の日本人でこんな人はいないぁ・・・。ということ。
 詳しいことは全く知りませんが、自分の信念を貫き、切腹。

 信念のために自分の命をかける!

 現代社会でそれが称賛されるかどうかはさておき。

 私個人としては、自分の人生を信念のために費やせることってすごいと思う。



 命を懸けて、
 信念を貫く。

 
 それくらいで何かに取り組めたら

 多くの人の心を動かせるんだろうな。



 そして、さらに思ったことが。三島さんについて、もっと知りたいと思った。何が彼をそこまで突き動かしたのか。

 日本にいた時は、さほど興味もなかった。


 そんな好奇心を大切に、仕事のことを忘れて彼について学んでみることも大切なんだろうと。(帰ったら三島事件に関する本があったら読んでみたいです)

 だから日本に帰ったら生徒たちにも言いたい。
 勉強も大切だけど、時には自分の興味をそそることにゆっくり時間をかけるとよいって。

 そんなところに、自分の信念となるヒントが隠れているのだろうから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/262-35d8fb0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。