FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私の任校での主な活動は4年生(高校1年生、パナマでは中学校と高校が一緒になっています)の先生方と実験を取り入れた授業を行うことである。

 そして彼らが提示してくる実験・・・。
 任校の化学のカリキュラムに沿った実験。
 化学基礎を習得していない彼らに沿う実験。

 そんなことを踏まえると、日本でやっていた実験はほとんど取り入れられないのです。でも日本での経験でいろいろと彼らの提示してくる実験をアレンジ。実践へ。

 2学期第二回は化学結合の実験。(厳密に言うと化学結合か?と言いたくなりますが)

 個人的には、もっとザ!理科!!っていう実験したいんです・・・・・。でもできない。



 薬品も少ないので、身近で手に入れられるものを考える・・。
 共有結合の結晶には・・・・・・ パナマの靴の箱に入っている シリカゲル。
 イオン結晶には・・・・・・・・・お塩
 分子結晶には・・・・・・・・・・防虫剤(ナフタレン、近くのスーパーにて販売)
 金属結晶には・・・・・・・・・・銅

 そしてこの4つ物質をいろいろな角度から調べ(最初はどの結晶か知らせません)、最終的にどの結晶かを自分で考えるというもの。
 
 有機溶剤には・・・・・ペンキ薄め液。


 学んだこと。
 
 物がなくても探せば実験は何だってできる。教師の工夫と意欲次第。日本にいたらこのことは気づけなかった・・・。日本では苦労なく手に入れられていたので。


 そして、今日は約300人ちかくの生徒のフォルダーをチェックしていたのです・・・。

 そしてどうしても府に落ちない・・・・・



 パナマ式の採点。
 生徒に分かりやすく実験プリントも100点満点にし、あとで自分が5点満点に換算することにした。

 たとえば、90点の生徒。
 パナマ式で5点満点に換算すると・・・・

    90÷100×4+1=4.6

 そして70点の生徒。
    70÷100×4+1=3.8

 ほとんど何も書いていなくて40点を取ったとしても
    40÷100×4+1=2.6

 な、なんだ+1って!!!

 ほとんど何も書いてなくても3に近い数字をもらえる。
 うーん。


 これを疑問に思う同僚教師もいる! 
 自国の教育に疑問を持てるって素晴らしいことだと思います。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/227-574f19d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。