FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この国で働いていて、一番、納得がいかない・・・・というか、日本人的価値観からみて考えられないことが

 先生たちが


 授業そっちのけ。


 なことです。


 彼らの言い分、十分よくわかります。私もここで教師と働いていたらそうするしかないのです。
 なぜならば、彼らは授業開始時間から授業終了時間までが勤務時間なのです。

 授業そっちのけでやるべきことはたくさん。

 行事の会議。
 保護者の対応。
 成績の入力。
 長期の研修会(2週間いないことも・・)自習課題なんてありません。
 などなど。


 だからこそ私との約束も破られる・・・・。生徒だけを残しどこかへ去ってしまう・・・・。などなど。

 でも信頼関係のできている先生とはこのようなことはありません。



 とにかく。


 この国、授業をきっちりやる!!

 というだけで十分伸びていくと思います。




 日本では当たり前のこと。当たり前にやれば伸びること。
 私の印象ではこの国ではそれがないがしろにされている。


 なのに、やれパソコンだの、やれハイテク技術だの・・・・そんなハイテク技術を駆使した教育が、日本で行われてると思っている。ハイテク技術があるから、日本の教育は発展していってるのだと。



 だからいつも研修会で言います。


 日本の教育は、一に教科書、二にノート、三に筆記用具だと。

 基本なくして、教材工夫、ハイテク技術は役立たないと・・・。


 私の学校では、消しゴムを持っていない生徒がほとんどです。鉛筆も持っていない生徒もよく見かけます。買えないわけではないのです。管理ができないのです。

 私が作らせたフォルダーもしかり。

 先生が、フォルダーは生徒が捨てたりなくしたりするから教師が管理しなきゃといいます。高校生なのに。だから私は日本では小学校のうちに自分の物をどのように管理するか教えるのよ、といいます。


 やっぱり、日本の小学校の先生方はほんとすごい。



 とにかく言いたいことは
 授業時間は絶対に欠かさず、 いや、なるだけ(ほぼ9割)授業することが
 この国の教育をもっとも発展させる術だと思います。

 ボランティアが理科実験を紹介するよりはるかに確実です!!



 でも、これまた教育省が変換すべきことだからほんと難しいことなんですよね・・・。


 とりあえず、今度のプレゼンで教育省に行ったときに、提案してみます。




 大学の講義である教授が言われた一言が今でも印象に残っています。中間発表会で使わせてもらいましたが・・・。


 「最近の若者は(私たち大学生に向けられた言葉)オレ流とか自分流とか言ったりするけれども、
  何か発展的で独創的なことをするためには、(人とは違った素晴らしい個性的な授業を行うためには)
  必ず基礎を身に付けていないとできないのだ。

  基礎がない人が本質をアレンジすることはできない。

  基礎は本当に、分かっていると言いたくなることばかりかもしれないが、きちんとした土台がなければ、その  上に大きな知識や技術も積むことはできない。
  ぐらぐらした土台にはたくさんのものを積むことはできないだろ?

  だから自分流、新しいこと、やりたいのであればまず、基礎を土台をしっかりと身につけなさい」
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/224-99428019
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。