FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は4コマ、実験の約束、予定だった。

時間を15分過ぎても来ないから、電話する。と、
「明日の予定でしょー。」
との返事。

いやいや、明日が休みだから今日にしたんでしょ・・・・。

彼女はすっかりそのことを忘れ、私が間違っているかのように言う。約束したことも忘れているに違いない。
彼女が忘れてしまったことを指摘しても始まらないから
その2コマは別日にすると前向きに思い直し、

その次の時間も別のクラスの実験のため、待っていた。
同じ教師が担当だから、もう電話するのもと思って待っていた。

待てども待てども来ない。

そしてその時間は終わり、
もう一クラスの実験の時間となり、やっと彼女は生徒とともに現れた。

急に教頭の話があって、実験には来れなかった・・・・と。


もうこんなことにも慣れた。

でも、来れなくなったときは事前に連絡してほしいともう一度お願いした。


そしてそのクラスの実験が始まり、

始めは説明してくれていたものの、途中から同僚とおしゃべりを始め、
しまいにはカタログを熱心に読み始めた・・・。


月曜日の2コマ続きで実験を予定していたけれど、彼女が予定通りに進まなかったからという理由で、今日に延期した。今日は1コマしかないから、集中してやんなきゃ終わらない。
そしてもちろん、終わらなかった。


終わらなかったこのクラスと今日できなかったほかのクラスはどうするの?と授業後に尋ねると、

他人事のように答える。まるで授業なんかどうでもいいことのように。


もう怒りを通り越して悲しくなった。
悲しくて悲しくて悲しかった。



彼女は私が素晴らしいと思っていた教師。
だからこそ、悲しくなったのだと思う。


何でこんな風にやる気がなくなったのか?実験に対して、適当になってしまったのか?
きっと、事前の打ち合わせとか、直前の確認とか、私のアプローチも改善しなければならない点がたくさんあると反省。


分かっている。
やる気があって、自分で積極的にやれる人たちばかりなら、ボランティアなんていらないと。


ボランティア活動のもっとも難しいところは、そこなんだと。

分かってても辛い時はつらいのです。


昼からは明日の予備実験。


日本でいうところのオオカナダモ。
これが欲しくて
先輩から聞いた川へ、同僚に連れて行ってもらったり、
バスで移動中に見つけた池へ探しに行ったり

ほんと、苦労したんです。


やっと今日ゲットしました。

ノルマルの知り合いの先生がパナマシティから買ってきてくれたのでした。

kengkajo j1

試験管に入れ、光を当てると・・・・

光合成により酸素を発生!!見えますか??



明日は、午後から2校目のプチ研修会。
気持ちを切り替えて頑張らなきゃ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/222-65d77983
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。