上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休暇中の先輩に無理を言って
協力してもらった第1弾。

先輩隊員の一声でどんどん子どもが集まる、集まる!
流石です!!!


私の夢が叶ったのです。
先輩にほんと感謝。感謝。

zenntai4.jpg

ある旅行の帰り
一人のちっちゃな男の子と女の子に
「おかねちょーだい」
とおねだりされたのです。

私はあげませんでした。

そして考えた。
彼らにお金をあげたら、ひと時は良いかもしれない。
でも、長い目で見たらその経験は決して彼らに良い影響を与えないだろうと。

そして、そんな彼らに私は何ができるのか・・・・・。


その答えが

あげるお金を使って、私にしかできない経験というものを彼らに与えたいと。
経験は何にも変えられない。
そして消えてしまわない。

彼らの将来に何の影響も与えないかもしれない。
      何か与えられるかもしれない。

少なくともお金をあげるよりも、良い影響を与えられるかもしれない1%の可能性にかけたいと。


そしてそれは、今、現地にいる人にしか与えられないのである。
日本に帰ったらできないのである。

そして思い出だした。私、現地でしかできないことをやりたいと思って、参加したんだった・・・・。と。

日々の業務に追われて、そんな自分のやりたいことを忘れかけてた・・・。

そして、この日、私の夢が叶ったのです。
業務ではないので、週末、休日を利用して開催。

「理科で遊ぼう!!!」 (in 電気や電波のない田舎で!)

kikoeru2.jpg

ぶーぶー鳴る風船。

kabasasi5.jpg

べっこう飴。

kikoeruyo3.jpg

糸電話。

彼らの手の器用さに驚いた。

そして、習得しようとする前向きな姿勢。


でも、終わりに「あれちょーだい、これちょーだい」
と言ってきて断れない自分に、結局物を与えに来た人と変わらないのか??と疑問を感じ
まだまだスペイン語が上手でない自分に憤りを感じ

反省すべきが多い第1回でした!


月に一度は、この趣味を開催したい・・・・・
ガンバロー★

またこの村にもいつか行こうと思います!!
ほんと、MSY先輩ありがとーーーーーーーーー!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/216-37330b62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。