上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日で1学期が終わります。
今は試験期間。

午前中は実験器具に感謝の気持ちを込めて、丁寧に洗浄したり、アシスタントの先生とアルコールランプを蘇らせたりしてました。

私の学校、午後は小学校教員養成の大学です。
大学は別日程で、普通授業。


午前中の実験の様子を見ていた他の先生が、「水の電気分解の実験を大学でやりたい」と言ってきてくれたのです。

写真を見て何か気づきますか・・・?


そうなんです。
電源装置。

ぜーーーーーんぶ新品。

段ボールの箱の中からさえも出されていません。すっごく埃被っていたので、一体いつ買ったんだろう??


使ってもらえる日が、今日来たね!と・・・。


私の学校には物はあるのです。

kinenbi2.jpg

あ、でもH字管はないので、ペットボトルで電気分解。
蒸留水もないので、水道水で電気分解。

大学生だから欲を出して体積の関係に気づいてほしいと思って、
メスシリンダーで5mLの水を測って、試験管に入れ、ペンで印をつけてほしいと指示・・・。陽極と陰極二本分・・・・30mLまで・・・・。

しかーし。

そううまくはいかなかった・・・・。

なんせ、経験の少ない生徒達・・・・。メスシリンダーの使い方を知らない・・・・。
2本の試験管の線がばらばら・・・・。

そして、やり直す!!!と言っている間に時間はなくなり・・・・。


でも、この時間にメスシリンダーは確実に使えるようになりました!!!

次は他のクラス。
今度は多くは望まず、順調に授業を進めることができた!


パナマでは小学校、中学校で化学・物理・地学分野をほとんど扱わない、生活密着型の理科を教えている。
だから高校で理数科に進まない生徒は、化学・物理・地学の分野をほとんど知らない。


今日、大学生に質問。

水素原子一つでも水素だと言えますか??? 水素の性質を持っていますか????

二つのクラスとも「siiiiiiiiiii(yes)」と自信ありげに答えていた。
中には水分子の化学式を言えない子も・・・。

彼らの頭が悪いのでなく、やっている内容が日本と違うのです・・・・。

実験。

経験のない彼ら・・・。
ガラス棒でビーカーの中の水を混ぜるだけでも興奮!!記念撮影!!

試験管に計って入れた5mLの水・・・・。もったいなくて捨てれない!!
水素爆発音!! 今日は「ふん」ってくらいしかならなかったけど「きゃーーーー」と歓声。


実験、こんなに喜んでもらえるならやらせてもらえて本当に良かった・・・。

日本と違って、かえがえのないものがここにはあります・・・・。

kennskou1.jpg

そして、6月5日は創立記念日。74周年記念日。
今日は夜にたいまつをもって教会から学校まで歩くというイベントがありました。

学校に着くと盛大な花火が!!

日本も創立記念日。
盛大にお祝いしたらいいのになぁ・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/212-6279fd7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。