FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は朝から任校へ。午後から巡回。

 任校は新学期から化学教諭が一人足りず、24歳の美人新任教師が臨時でやってきた。
 
 今日は彼女との授業。これまで何度か一緒に授業してきたが、彼女はほんと真面目。すごい。

 始まって5分。
 なにやら熱い説教が始まる・・・。パナマ人で熱くここまで生徒に語る先生を初めて見た・・・・。ほんと、叱るというより教えを説くと言った方がふさわしい説教。

 授業後、彼女は私に言ってきた・・・・
 「彼らと私はたったの6歳くらいしか違わない。なのに、パナマの教育は一体どうなってしまったの??
 彼らはなぜ自分たちから学ぼうとしないの?なぜ、勉強ができることに感謝できないの?中学校までに一体何を学ん できたの?6年後に私のようにたくさんの資格を取れるようには思えない」と。

 彼女の説教の中で私の心に響いたのは

 「教科書(実験方法)を読みなさい。面倒がらずに読みなさい。
  読まないから新しい言葉も習得できない」

 日本でも小学校低学年では朗読や暗唱・黙読など、読んで学ぶことが多い。忘れていたことを思い出させてくれた。感謝。

 なんか、今の私にも強く響いた・・・・。スペイン語の理科の教科書を読まないからスペイン語が伸びないのよ・・・と。新しい単語が(理科の)習得できないのよ・・・と。



 24歳新任教師。

 私が新任のころ・・・・。今、思い出すとぞっとする。
 少なくとも彼女のような教師ではなかった。ほんとに尊敬。

 彼女のように熱いハートを教師は一生忘れてはいけないのだろう。

 そして、経験年数や経歴では人は判断できない。


 彼女からもたくさんのことを学ばせてもらおうと思う。
 なんだか私の周りにはすごいパナマ人ばかりいるような気がする・・・・・・。私も負けてはいられない。何をしに来たのか・・・・・・私が教育されに来た気分である・・・・・。
 大切な人と離れ、得ている
   パナマでの時間・・・

 1分1秒と無駄にしないようにするぞ!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/198-a098512c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。