FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これは学校のバスです。

うーん、日本の私の学校のバスよりも良いバス・・・・・。

rokrtto4.jpg

今日は科学クラブの引率??(というより連れて行ってもらったという方が正しいか・・・)で生徒とペットボトルロケットの大会の説明会に行ってきました。

丸一日使って、ペットボトルロケット大会の説明。
パナマでは、科学振興部局が
・ペットボトルロケット大会
・化学の料理
・ロボット
の大会を開催しています。

ペットボトルロケット大会では、郡部の大会で優秀な成績を収めると、全国大会へ出場できるのです。

roketto2.jpg

昨年は2位で全国大会へ出場したノルマル高校。
今年も生徒は真剣です。


午後からは、近隣の化学教諭の学校へ。
jyugyouuraka1.jpg

前日は分子モデルの説明に風船を使うなんて言っていなかったのに、風船を使ってとてもわかりやすく説明。
jyugyouueaka2.jpg
そして、空き時間も懸命に授業準備する彼女。
ほんとがんばりやさん。

4コマ目のクラスでは、生徒に練習問題を返却。
一人の生徒がほとんどわからなかったようで、私に「あなたが説明すべきですよ。」と言ってきた。
現地の先生はさらっと流すように授業をする・・・。
なので、定着が難しい。でもそれにもさまざまな要因がある。一概に教師の力量不足とは言い難い。

練習問題を見せてもらうと、日本の高校生レベルなら解けるような問題。
しかし彼らには難しいだろうと感じた。
なぜなら、彼らは水の密度や沸点、融点も知らないくらい、中学校までに化学や物理を学習しないのだから。さらに数学が苦手なのである。

それなのに、高校では日本よりもはるかにレベルの高いことを学習するんだから、理解できるわけがない。

でも、そんなことを愚痴っていても何にも始まらないので、
どうやったら生徒に学力が定着できるのか
現地の先生と一緒に見つけていきたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/193-8631c3fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。