上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日から学校が始まりました。
 始まったといってもまだ先生たちの職員会議が続いています。

 子どもの頃、友達に会って話すのが大好きで、週末よりも平日の方が好きだった私。

 長かった夏休みが終わるときはちょっと残念になったけれど、学校が始まって先生方と会って話ができるのは本当に楽しい。


 そして、何よりも「やらなきゃ!!」と思うことがたくさん出てきた!!
 頑張るぞ。


 初めて参加する職員会議。

 今まではスペイン語が分からず何を発言しているのか見当もつかなかったが、今年度はある程度言っていることが分かるようになった。


 会議は7時半から12時まで。
 休憩が10時にあり、メリエンダ(午前中のおやつ)が全員に配られる。コーヒーも。
 今日はバレンタインデーということもあり、最初に校長からちょっとしたプレゼント(おやつ)が配られた。

 会議中は・・・・。

 おしゃべりに夢中な先生。
 パソコンを持参してお仕事に夢中な先生。
 こばらがすいたらフルーツやおやつを食べ始める先生。

 などなど・・・。


 先生がこうなら授業中の生徒もそうですよねぇ・・・・と言いたくなるが。

 これが文化なんです。と、どうどうと胸を張っているパナマ人。


 今日は会議中にある一人の先生が私に近づいて来て、(教頭が熱心に講義している最中)
 「昨日約束した通り、リコーダーを持って来たの。どう吹くのか教えて」
と、いきなりリコーダーを吹き始めた・・・。
 昨日、リコーダーの吹き方を教える約束をしていたが、まさか会議中??!!

 熱心に話を聞いていた私(辞書を使いながら頑張っていたんです)。

 苦笑いするしかない・・・・・。


 しかし、熱心な先生は熱意を持って、そして自分の意見をしっかり発言。
 
 日本人はほとんどの先生が意見を述べないのに比べると本当に素晴らしい。

 
 そんな熱心な先生方の発言を聞いていて、自分と同じようなう意見を持っているパナマ人がたくさんいるんだと知り、なんだか嬉しくなった。


 教頭の講義では、本当に素晴らしいことを述べていた。それは日本でほとんど実践されていることであった。
 当たり前のことばかりだが、教師一人一人がきちんと実践できればとても素晴らしい教育を授けることができると感じた。

 でも、それがこの国では一番難しいのかもしれない。


 と、リコーダーを吹く先生を横目に一人で感じた・・・・・・・。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/171-fd8a0c64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。