上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 パナマにはよくお金が落ちている。

 ま、落ちているといっても1セントコインである。

 でも、日本と比べ物にならないくらい日常に落ちている。

 きっと、「ちっちゃなことは気にしない~」というパナマ人なので、落とした人も、見つけた人も拾わないのだろう。
 スーパーでもお釣りが1セントだった場合、くれないこともしばしば。
 初めのころはむきになり、お釣りが足りないと主張したこともある。すると定員は「1セントコインがもうないのよ」と言い、5セントコインをくれた。いやぁ、ここはパナマでは大手のスーパー。なぜお釣りが足りなくなるのか???そして、5セントをお釣りにもらうと、今度はお釣りを多くもらいすぎることに。なんとか鞄の中を探して、5セントからのお釣りを返す・・・・・。

 スーパーのレジのお金が入出金と合っていなくても気にしてないのでしょうねー。
 日本では考えられない。

 そんなこんなで、1セントコインがよく落ちている。

 そんな1セントを私もこれまでは見て見ぬふり。 

 でも拾ってみようという気になった。
 
 拾って残りの1年3か月で一体いくらと出会うのか(貯まるのか)??


 そう思って3日目。
 
 地面を見て歩くようになったのか、どうなのかは分からないが

 すでに私の貯金は12セント!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumi0923.blog.fc2.com/tb.php/167-6d95d10d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。