上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日はやっと今年、最後の勤務。

 一つ一つ、納得いくまでやらないと気が済まない性質で。
 なんやかんやと、時間がかかってしまうんです。

 でもミスとかもあったりして・・・。


 今日は朝から、セミナーに向けての書類作成。
 そして、それを教育事務所まで持っていく。

 警察の卒業式には大統領は来ず。
 卒業後の食事会のためにバンド演奏を廊下でしていたため、「あー、いいクリスマスプレゼント」と一人生演奏を堪能しました。

 午後からは生徒が来て、実験。
 今日は、昨日見つけられなかった資料を探しにとある省庁へ。

 しかし、その省庁の図書館は首都近くへ移動してしまったということで、何も収穫を得ることができなかった。

 残念。


 学校が閉まるぎりぎりまで、仕事して、なんとか区切りをつけて、実験室を掃除して仕事おさめをすることができました。

 この夏休みの宿題はわんさかありますが・・・。


 今日は、世間で噂の地球最後の日。
 日本ではもうすでに12月21日は終わっていますが・・・・。

 パナマでも今日のこと、すごく噂になっていました。

 初めに聞いたのは、何やらニュースで「12月21日から23日までの3日間、真っ暗な日々が続きます。惑星の並びの関係で」ということでした。

 今日、確かにパナマは朝から暗かった!!

 でも、曇っていたから。 笑

 今日、一緒に実験した生徒も言ってました。「スミエー、今日は地球最後の日だよー」って。


 もし私たちが生きている間に地球最後の日があるとしたら、

 それはきっと、3億円の宝くじに100回以上当たるのと同じくらいの確立だと思う!!いや、100回とは言わないかも!計算はしませんが。


 少なくとも私が生きてきたたったの、たったの30年で、ノストラダムスの予言を含め、もう2回も地球はなくなっていますけど・・・・・。

 でもとりあえず、日本にいる会いたい人に会いたいので、今は地球が滅びないように祈っています。
 無事に22日が迎えられますように!!
 あと2時間!!
スポンサーサイト
今日から先生たちも夏休み―――!

パナマは今日から2月18日までお休みです。
といっても、1月21日から、任校だけ英語の研修が始まり、1月28日から1週間の義務研修などがあるのですが。

先生たちもバケーション!

って日本では考えられませんよね!


私はというと、まだ終わらぬ仕事を片付けに学校へ。
今日から学校も少しだけ遅く開くのです。
昨日、事務室に聞いたら「7時40分には開けるわ」とのこと。

いつもより少しだけ遅く起きれるがほんとに嬉しい。
今日は8時10分ごろ学校に行ってみた。

すると・・・まだ事務室が空いていない。そして、カギの必要な人たちがうじゃうじゃと。
5分後、事務室の彼女がやってきた。

私はほとんど待つことなくカギを受け取り、なんだかパナマ人の生活が読めてきたのかな・・・なんてちょっと嬉しくなる。


そして、今日は実習教師の先生の棚卸を手伝いつつ、昨日の続きでカウンターパートと予備実験をした。


そんな中、昨日からなにやら同じ制服の人が学校中をうろうろ。
昨日は、学校の周辺を彼らがおおぜいで掃除していた!

そして、学校のホールから何やら大合唱が・・・。みんなで行ってみると、警察学校の卒業式の練習をしていた!
100人以上の警察!!
警察!!
警察!!

明日がどうやら本番らしい。
そしてそこに大統領も来るとか・・・。

去年は、大統領を一目みようとみんなで待っていたけど来なかった。

今年は来るかなぁ・・・。

なにはともあれ、今、ノルマル高校はパナマで一番安全な場所!である!!


さて、これから生徒と約束~。
来るかなぁ…。
この国の教育活動に「掃除」はない。
「日本はね、生徒も先生も一緒に掃除するのよ」と言うと「この国で一度、それをやったんだけど、保護者から、うちの子は掃除をするために学校に行かせているわけじゃないって苦情が来たのよ」とのこと。最近パナマ色に染まってきている私はなんだか納得。

小さいころ掃除が家では苦手だった私。学校では、男子のおしりをほうきで叩いてまではりきってやっていましたが。やっていた?やらせていた?? 笑

そんな私に掃除のおもしろさを気づかせてくれたのが、バイトの先輩でした。昼の忙しい時間を抜け、お客さんのいない時間帯。ずぼらなバイトならちょっとはゆっくり過ごしたいと思う時間。でもそのかわいい先輩は、一緒にお客さんが座るソファを掃除しようと言い出した。薄緑色のソファで私にはまったくそれが汚れている風には見えなかった。彼女がいなかったら、そのソファを掃除しようなんて全く発想さえしなかった。洗剤を付けてスポンジでこする。するとみるみるうちに真っ黒な汚れが浮き出てくる。そして、ぞうきんでふき取るとそこは周りと明らかに違った鮮やかな薄緑が。その汚れが落ちた部分を見る瞬間がたまならく気持ちいい。


そんな私が初任者の一年間。
年配の初任者担当教員から、できれば朝から掃除をしなさい、と言われた。この学校では初任者が朝から玄関や校庭の掃き掃除をするのが、恒例になっていた。もちろん、勤務時間外である。ほとんど毎日、ほうきを持って毎朝、掃き掃除をやってみた。でもそこで覚えたものは、「掃除をさぼったら他の初任者の同僚に悪いな」とか、「今日は雨だから、掃除がさぼれる」とかそんなものだった。

それから3年後、転勤。
転勤直後、なぜだか私は「朝掃除をやろう」と思った。いや、これは嘘かもしれない。自主的に朝課外の登校指導をやろうと思って、生徒玄関付近に朝早く立っているときに、当時の教頭先生からほうきを渡されたのが始まり??だったかもしれない。
教頭先生から全くの強制を受けず、それから、休む日もあったにせよ、3年間、朝掃除を続けた。
というのも、この教頭先生の「掃除をするとなぁ、爽やかになれるんだよ」という、何の科学的根拠もないこの言葉に自分もやってみて納得したからだ。全ては彼の経験論である。
そしてこの15分の朝掃除の意義の大きさに気付くことができた。やっぱり、強制から学ぶことは少なく、自主と化して初めて学べることが多い、ということも学んだ。

掃除は自分のためにする。
毎日掃除をしているからこそ気づくことができる。 ちょっとでも落ち葉が落ちていたら「ああ、散らかっているな」、と思い箒をとる。掃除をしていないと気づかないし、行動にも移せない。これがほかの行動にも反映してくる。
朝の15分、掃除をしながら今日の仕事の段取りを考えることができる。
朝の15分、近所を掃除している住民の方と顔見知りになり、話をすることができる。
掃除をすると、その物に愛着がわき、大切に扱うことができる。または、その掃除の大変さを知り、汚さないように気を遣いながら使うことができるようになる。

掃除に興味をもった私はそれからイエローハットの社長さんの本を読み、トイレ掃除も真似してみた。

毎日、同じ場所を同じ時間に掃除する。

この習慣が、今の私を作ってくれ、あの3年間で願っていた全ての夢を叶えている、といっても過言でない。
というのも朝早起き習慣が、すべて良い方向へ導いてくれたからだ。


そして、この国にはその「掃除」がない。

掃除をしない人は気づくことができない。だから全員とは言わないが、ごみを平気で捨てることができる。
おかしのくずをポイ。
鉛筆削りの削りかすもそのまま床へ・・・。


この国をいったい誰が掃除しているのか?
この国には、「掃除をする仕事」がある。学校もお掃除の方が一日中、学校中を掃除して回られている。マジョリティーが自分で掃除しないのである。

このシステム、きっとこれまでのパナマの歴史と関係があるに違いない。

学校とは学問だけを学ぶ場所。

日本とは大違いである。それが正解なのか、間違いなのか一概には言えないが。

そして、そんな私も週に一度の自分の部屋掃除だけの生活になってしまっていることに気付く・・・。


 今日は卒業式でした。
 卒業生の皆さん、おめでとう!

 10時から式が開始ということで7時の学校にはほとんど誰もいなかったのですが。

 化学実験室は二人であくせく働いていました。

 「明日から私は休みだから。」と言っていた実習教師の先生も、結局、仕事が終わらず、「また明日ね~」と言って帰っていきました。

 sotugyouksiki3.jpg

 私は昨日の午後に終わらせた、物理室の実験器具の棚卸で見つけてきた実験器具を洗浄。

 一体、何年、ここで眠っていたのだろう・・・と思うくらいの埃のかぶりようにびっくり。

sotugyousiki2.jpg

 JICAの理科の顧問の先生が、研修の際に言われた「とにかく日本で過ごしてきたように働きなさい。それだけで彼らには何かしか深い印象を与えることができる。」ということが、すごく印象深かった。

 日本ではあたりまえですが、とにかくこの言葉があったからこそ、変わらずにやろうと思った。

 私はパナマで一日も病欠したことないし、遅刻もしたことがない。(以前、指紋認証していなかったころから)
 とにかく、毎日定時に学校へ行き、毎日、何かしらか仕事を見つけてやってきた。

 はい。日本では当たり前のことです。

 でも、この間、同僚から「スミエは本当に働き者だって、この間、全員の会議で言ってたわよ~」と言われた。生徒と実験してたので途中から退席していた会議だ。

 
 これで、顧問の先生がおっしゃられた一つの、自分への目標は達成できたかな、と思う。


 同じボランティアでも、この文化も価値観も違う国で、日本と同じように働くことが難しい人だっている。
 以前いたボランティアはパナマ人から「あの人は朝、起きれなかったのよ。夜目がさめるらしいの」とか、「あの人は毎日、仕事場に来て居眠りばっかりしていたのよ。」とか言われている人もいる。

 小さなことをおおげさに言うことが大好きなパナマ人なので、一度こっくり居眠りしたくらいでそういわれているのかもしれない。真相はわからないが、そんな風に言われるのは、活動以前に残念だ。

 ま、少なくとも私は何度かパナマ人と衝突したので、「あの人は怒ってばっかりだったのよ~」と言われるだろう。(これでも理不尽なことに何度も何度も何度も怒りを我慢しまっくたのだが。一度だけ、本気で声を張ってパナマ人へ主張した。)あの人は、毎日ぷんぷん怒って働いていたのよ~って。普段はニコニコしてますよ・・・。あ、でもニコニコというよりも黙々仕事しているという方が近いかも。

 


 どうやら明日から本格的な、夏休みだ。

 でも、私の仕事はまだまだ終わりそうにない!

 明日は実習教師の先生へパソコンを使って棚卸のまとめを教えます。そして、その後は夏休みの研修会に向けてカウンタパートと予備実験です・・・・。

 その予備実験のための準備もしなくちゃ・・・・・。

 任期も残りちょうど3か月。
 全力で頑張ります!!
パナマには忘年会とか、新年会を職場って祝ったりする風習がないみたいです。

日本だったら、体育祭打ち上げ、文化祭打ち上げ、忘年会と学期に1度は学校全体の飲み会があるけれども。


パナマでは・・・

 父の日と母の日を職場で祝う(つまり飲み会)のです。

 この感覚、なんだか私にはよくわかりません。

 父と母である人が、同僚からお祝いされるわけです。最終的にはプレゼントまで渡されます。

日本だったら
 父の日と母の日は、いつもお世話になってる父と母に感謝してお祝いしますよね。

なんだか不思議ですが、今日は先だって、母の日のパーティーがありました。



 配られた招待状。(パナマでは文書じゃなくて、かわいいカードを配るのです)
 開始は7時と記載。

 しかーし、パナマのパーティーは7時には始まらない。

 前回、父の日のパーティーも夜の7時開始とあり、始まったのは9時。
 日本だったら、開始と同時に食事も始まりますよね!!

 ところが、パナマは食事を先にするとみんな帰っちゃうからと、すべての出し物が終わってからなんです。
 前回は、食べ始めたのが10時半すぎてました・・・・。


 今回は比較的、少し早く始まりよかったのですが・・・。

 そして、パーティーにはいつも衣装のテーマがあるんです。
 今回のテーマはトロピカンスタイル!

 頭にお花付けてたり、みんな思いっきりトロピカンしてて、楽しかったです。

 日本の飲み会もこんな風に楽しんだら、きっと職場の飲み会ももっと楽しくなるかもなーと一人思いました。
学校はただいまテスト期間中。
2時間目と5時間目がテストになっています。

夏休みを目前にして、みんな気分はバケーションモード。

でも私は研修会があるため、そんなわけはいかず、一人焦って仕事をする・・・・。




そして、今日はうちの売店が最終日でした・・・。

最終日だからって??
って思うかもしれないけど、うちの学校、毎年中身が入れ替わるんです。そして従業員さんも。

去年はそれを知らず、大好きだった従業員さんたちにお別れも言えず、居なくなってしまってすごく残念だったんです。

今年も売店は私の癒しの場でした。素敵な従業員さんたちでした。400回以上は通ったのでは??!

本当にありがとうございましたー。
またどこかで会える日までー。
研修会の準備をしていると、理科教育について伝えたいことがあふれんばかりにでてくる。
これも重要、これもって。
実験はただやればいいってわけではない。そこには意図があり、この問題を解決するためにはこの過程をたどるといい、とか、生徒の思考を刺激したりだとか、多角的に観察・考察できるようになるためだとか。日本語ではこんなにすらすらでるのに、スペイン語となると・・・。そして、文化や価値観の違う彼らに理解してもらうのも難しい。
日本ではあんまり意識せず、当たり前になっていた。こうやって、海外でそれを認識していない人に教えるということは、自分のこれまでの考えを整理することができる。

はっきりいって任校では実践できなかった。
スモールステップだ!なんて言ったら自分への言い訳だけど、私の1年半は、この学校の特別なカリキュラムで、この学校にある材料で先生たちと試行錯誤してどの実験を実践していくかを考えたことで終わった。

まだ終わってないじゃん、て思われる方もいらっしゃいますでしょうが、もう授業は終わっていて、新学期は2月の最終週に始まるのです。もちろん、やれるだけのことを最後までやるつもりです。

来る前からわかっていたけど、2年じゃあ、そうそう変わらない。
でも私なりに精一杯やった。

今日は、同僚の子どもが物理実験を体験したいと言ってきたので、引き受けた。そのとき本校の生徒が提出遅れのプリントを出しに来てくれたのだが、難しい理論を抜きにして、彼らは一度使った器具の使い方を適切にその子に教えてくれた。

やはり、経験を伴った理解は強い。
なんだか頼もしくなった。

そして、同僚のその子。学校ではトップを争う秀才。
私の発問におもしろいくらいいろんな意見を出してくれた。

そんな彼に、塩酸にマグネシウムリボンを入れ、何が起こってると思う??と聞いてみた。

任校の生徒もそうだが、パナマの子供たち、口々に
「沸騰!!」という。

沸騰??というスペイン語が沸騰という意味なのか疑いたくなるくらいみんな沸騰という。

気泡が出る現象。
彼らは沸騰しかしらないのである。


本当にパナマの教育課程は偏っている。彼にもいろいろと説明してみた。この現象、日本では小学校で習うんだよ。と言ったらびっくりしてた。
中学校3年生の秀才君が、化学・物理という分野になると日本の小学生以下なのである。ま、生物分野ではパナマに日本の子供たちは負ける分野もあるだろう。

声を大にして言いたい!
教育課程を見直すべきだと!!

あ、もうすでに教育省に乗り込み言ったんでした・・・・・。
 昨日は人生初のフルマラソンに参加しました。

 ゆーーーくりとしたペースだったら、何キロでも走れる自信があったんですが、

 35キロを走ったところで、それ以上走れなくなっちゃいました。初体験。なめてました。フルマラソン。ごめんなさい、ランナーの皆さん。

 記録は5時間37分。とてもいい人生経験になりました。


 朝5時からのマラソンのため、朝の3時に起きた。
 3時に起きるために夕方の6時半に寝たものの、ホテル近くのディスコテカがうるさくて眠れず。
 フロントまで、うるさくて眠れないと苦情を言いに行くも、ディスコテカだから私は何も言えない、と言われ。

 眠れないくらいの音量を流すディスコの近くに立地しているホテル。
 安眠できるスペースを提供できないホテル。

 でも、成り立ってる。

 こんなん、ホテルじゃない!だって眠れないだもん!! 私、明日の3時に起きて初のフルマラソンを走るんですけどーーーって言いたかったけど。
 日本だったら、訴えられる?!くらい!って思ったけど。

 なんだかんだでフルマラソンも完走して、メダルももらったし、任地に無事に帰れたし。二日目の従業員さんが優しかったし。そんなちっちゃいことでぐちぐち言うなよ。 何事も無事に終わったんだろ??
 ま、よいホテルだった。 という魔法にかけれるこの国。

 悪いとこをぐちぐち言わない。責めない。

 だから改善されないんだろ!っていう意見もあるだろうけど、

 私はそんなこの国が、おおらかでストレスなく、幸せに見えるのです。


 日本だったら。
 コンビニの定員が「いらっしゃいませー」って言わずに携帯でメールしてた。

 接客がなっていない!!と苦情の電話。

 有り得ますよね!!

 ここでは、レジで大行列ができていても、おしゃべりしながら仕事します。そして誰も文句いいません。


 ま、すべてがいいとは思いませんが。
 ただ、この国の人がイライラしないことを、日本人は異常にイライラしていると思うのです。

 なんだかそれって損してません?


 
 今日は、2月に行われる研修会の会議が行われました。
 任校の校長先生も参加していただき。

 そして、最初のパナマ人の先生のあいさつ。
 素晴らしかったー。

 おっしゃられていることが、本当に素晴らしかった!
 
 教育とはただ単に知識を教えるのみでなく、子どもたちにどう、意欲づけをさせるか。
 日本人ボランティア、一人ひとりから、日々、学んでいるし、また、子どもたちからも日々学ぶのだ。
 日本人が提供する方法をすべてパナマでは適用できないかもしれない。でもその試みから教育が改善される。

 なぜここまで素晴らしいことが分かっているのに、教育が改善されないのだろうか・・・。いや、改善され続けているところなんだろうな。


 そして研修会の打ち合わせ。

 研修会がきちんとMEDUCAと共に行われるようになって2年目。これは現所長が変えてくださった。
 去年は一年目で、手探り状態だった。

 ま、いろんなことがあったが、私が一番納得いかなかったのが、一緒に研修会をおこなってくれたパナマ人の先生への待遇である。
 
 まず、みんなが自由に研修を選べる期間なのに働かなければならない。特にプラスαの特典もなし。

 
 そして、いまだにもやもやしてるのが出張旅費の件。
 去年はなかったのだが、今年の6月、研修会を予定していたところ(結局中止になって受け取ってはないけど)、出張旅費の書類が私に送られてきた。
 私は任校で研修会をするために、まったくもって出張旅費はいらない。

 その旅費、朝ごはん代と昼ごはん代、移動費(タクシー代)で一日16ドル。5日分で80ドル。と見積もったもの。80ドルって言ったら、私がいつも一緒に働いている実習教師の先生の2週間の給料の半分ですよ!
 私、毎日自転車だからタクシー代もいらないし、食事代だってJICAから支給されてますし。

 始めはこの出張旅費、パナマ人の先生にはでないはずだった。でもなんとか出してもらえるようになり。
 私は受け取り拒否を主張。

 JICAの担当者からは、ま、出張旅費は配属先から負担してもらうって規定でもあるので、別に受け取ることがおかしことでもないと思います、と言われ。

 これが、もし、他の任地で行う研修会だったら、ホテル代もかさみ、5日で4~500ドルにもなるんじゃないかと思う。この金額、私たちの1か月の生活費よりも高いですよ!!

 ボランティアにこんな多額な金額を払うくらいなら、研修会に必要な物品の予算をあげてほしいと思う。


 とにかく、ボランティアが現地の生活に見合わない出張旅費をもらうことにすごく違和感である。
 昼食費1日8ドル、って私の任地なら5人くらい食べれますけど??と言いたい。
 せめて、実費用に近い金額ならまだ納得がいく。

 ま、あまりいいたくないけど、つまり・・・・・。
 上部の人は、一度の出張で、有り得ないくらいのお金をもらっているということだ。


 私は別にお金欲しさにJICAに参加したわけでないし、
 私たちに支払うお金があるなら、
 もっと必要とした部分に使ってほしいー。

 ま、このようにお金を有用にまだ使えていないからこそ、ボランティアが必要なんでしょうけど。

 この言葉でまとめてしまうと、すべてを受け入れざるを得ないので

 個人の活動で直面している問題に関しては、この言葉の元、改善していきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。