上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休暇中の先輩に無理を言って
協力してもらった第1弾。

先輩隊員の一声でどんどん子どもが集まる、集まる!
流石です!!!


私の夢が叶ったのです。
先輩にほんと感謝。感謝。

zenntai4.jpg

ある旅行の帰り
一人のちっちゃな男の子と女の子に
「おかねちょーだい」
とおねだりされたのです。

私はあげませんでした。

そして考えた。
彼らにお金をあげたら、ひと時は良いかもしれない。
でも、長い目で見たらその経験は決して彼らに良い影響を与えないだろうと。

そして、そんな彼らに私は何ができるのか・・・・・。


その答えが

あげるお金を使って、私にしかできない経験というものを彼らに与えたいと。
経験は何にも変えられない。
そして消えてしまわない。

彼らの将来に何の影響も与えないかもしれない。
      何か与えられるかもしれない。

少なくともお金をあげるよりも、良い影響を与えられるかもしれない1%の可能性にかけたいと。


そしてそれは、今、現地にいる人にしか与えられないのである。
日本に帰ったらできないのである。

そして思い出だした。私、現地でしかできないことをやりたいと思って、参加したんだった・・・・。と。

日々の業務に追われて、そんな自分のやりたいことを忘れかけてた・・・。

そして、この日、私の夢が叶ったのです。
業務ではないので、週末、休日を利用して開催。

「理科で遊ぼう!!!」 (in 電気や電波のない田舎で!)

kikoeru2.jpg

ぶーぶー鳴る風船。

kabasasi5.jpg

べっこう飴。

kikoeruyo3.jpg

糸電話。

彼らの手の器用さに驚いた。

そして、習得しようとする前向きな姿勢。


でも、終わりに「あれちょーだい、これちょーだい」
と言ってきて断れない自分に、結局物を与えに来た人と変わらないのか??と疑問を感じ
まだまだスペイン語が上手でない自分に憤りを感じ

反省すべきが多い第1回でした!


月に一度は、この趣味を開催したい・・・・・
ガンバロー★

またこの村にもいつか行こうと思います!!
ほんと、MSY先輩ありがとーーーーーーーーー!!
スポンサーサイト
物をプレゼントするということ。

これってほんと難しい。


私の場合、この歳になると、一つの物を買うのに、店に最低3回は行って吟味に吟味。その日には絶対すぐには買わない。それが東京のお店だろうが、買うとしたら半年後、1年後のまたの機会に・・・となる。

その物が本当に私の人生に必要かどうかを考えるのである。

質の良いもの、お気に入りの物をちょっとずつちょっとずつ、買いそろえる。
さしより・・・・は嫌いなのである。
そして一度購入したら、大切に大切に使うのである。
壊れるまで使い捨てることは絶対にしない。
そうやって出逢い、共にに過ごしていくもの達とは一生、一緒に過ごしていきたい。
あ、きれいに言ったけどただの貧乏性かも・・・。


それがもらい物となると難しい。
まず、必要性。
そして好み。


だから私はできるだけ消費できるものを贈る。

何が言いたいかというと・・・。


日本からパナマへの贈り物。
約十数年前の何百万円とかけた贈り物。

今は全く使われておりません!!!
埃まみれで、すごいことになっています。

贈り物。

難しいですねー。


使っていないパナマが悪いのでしょうか?

私はそうは思いません。

buturisitu2.jpg
日本語の説明書・・・・・。

付いてても誰も読めません。

なぜこの学校に寄贈されたのか、以前、寄贈された当時、隣の学校に勤めていたJICAボランティアの方に聞いても、彼もその真相を知りません。彼曰く、「当時、消耗品がなくなったら、使われなくなるだろうなぁと思いました」とのこと。
buturist3.jpg
残念なことに、消耗品ですら、こんなに残ったまま・・・・。

この物理器具たちを、授業で利用するということも私の使命。
しかし、今の私の任校、物理の時間がほとんどない(小学校教員養成なので)・・・・・。そして内容にもそぐわないものばかり・・・。
昨年、使えるものは使ったんだけど。


ま、今日は、備品台帳を作ってほしいと以前頼まれていたので、一日、この器具たちと戦っていたのです・・・。
ななしの子たちもいて、一苦労です・・・・。


と、とくにかく

私にはなぜ、この物たちが日本の裏側まではるばる運ばれてきたのか疑問なのである。


できればスペインのように
buturiitu4.jpg
有無を言わさず、絶対に必要な物だと判断できるものを贈ってほしい。
この実験台と椅子、そして実験書、私が行ったことのあるほとんどの学校(田舎も都会も)にスペインより贈られている。


贈り物。

もらう方は嬉しい。
もらえるものは誰でもらうだろう。
そしてそこに、贈り物を絶対に使い続けます!なんて約束はない。

だからこそ贈る方が責任を持って考えなければならない。

その人が本当に必要としているか。
その人がずっと使い続けてくれるか。

そうでなければ、ただのゴミを増やしてしまうだけなのだから。

今日から小・中・高校は1週間のお休み。

研修会がなくなったので、午後の大学のお手伝いをすることに。
今日も水の電気分解の実験。

やっぱり、彼らがちょっとしか鳴らない水素爆発音にもびっくりする姿を見て、ひとりほほえましくなるのです。
蒸留水使ってないからきっと、日本みたいに良い音が出せないのだろうと一人で思ってますが。

自分も中学校の時、ふたをされた5つの試験管に何が入っているか、どうなるのか予告されぬまま、一番にマッチを近づけ、水素が爆発し、一人驚いた記憶が蘇ります。

今日、一番驚いていた子に、そんな記憶を与えられていたらいいなぁ。



そして今日は、教科書と白地図を購入したわけです。
私の県の地図。
hakusino tizu

この真っ白い地図に、これからの私の活動を
自分の計画で
描いていこう。


自分の考えで働けるということがこんなにワクワク・ドキドキするのかと

初めて任地に来た時
バスの中で一人どんな活動をしようか、あれもしたい、これもしたい
そして、一体どんな出会いがあるのか

とワクワク・ドキドキしていたことを思い出すのです。





上が決めたことに不平不満を言っていても

何かが変わるのを待っていても、
あっと言う間に活動期間は終わる

私たちに与えられた時間はたったの2年

目の前の、子どもたちに、今、自分ができる最大限のことを
1分1秒を惜しまず
頑張るのだ!!



そしてこの2年間を誰よりももがいて苦しんで楽しんで泣いて
実りある2年にします。
明日で1学期が終わります。
今は試験期間。

午前中は実験器具に感謝の気持ちを込めて、丁寧に洗浄したり、アシスタントの先生とアルコールランプを蘇らせたりしてました。

私の学校、午後は小学校教員養成の大学です。
大学は別日程で、普通授業。


午前中の実験の様子を見ていた他の先生が、「水の電気分解の実験を大学でやりたい」と言ってきてくれたのです。

写真を見て何か気づきますか・・・?


そうなんです。
電源装置。

ぜーーーーーんぶ新品。

段ボールの箱の中からさえも出されていません。すっごく埃被っていたので、一体いつ買ったんだろう??


使ってもらえる日が、今日来たね!と・・・。


私の学校には物はあるのです。

kinenbi2.jpg

あ、でもH字管はないので、ペットボトルで電気分解。
蒸留水もないので、水道水で電気分解。

大学生だから欲を出して体積の関係に気づいてほしいと思って、
メスシリンダーで5mLの水を測って、試験管に入れ、ペンで印をつけてほしいと指示・・・。陽極と陰極二本分・・・・30mLまで・・・・。

しかーし。

そううまくはいかなかった・・・・。

なんせ、経験の少ない生徒達・・・・。メスシリンダーの使い方を知らない・・・・。
2本の試験管の線がばらばら・・・・。

そして、やり直す!!!と言っている間に時間はなくなり・・・・。


でも、この時間にメスシリンダーは確実に使えるようになりました!!!

次は他のクラス。
今度は多くは望まず、順調に授業を進めることができた!


パナマでは小学校、中学校で化学・物理・地学分野をほとんど扱わない、生活密着型の理科を教えている。
だから高校で理数科に進まない生徒は、化学・物理・地学の分野をほとんど知らない。


今日、大学生に質問。

水素原子一つでも水素だと言えますか??? 水素の性質を持っていますか????

二つのクラスとも「siiiiiiiiiii(yes)」と自信ありげに答えていた。
中には水分子の化学式を言えない子も・・・。

彼らの頭が悪いのでなく、やっている内容が日本と違うのです・・・・。

実験。

経験のない彼ら・・・。
ガラス棒でビーカーの中の水を混ぜるだけでも興奮!!記念撮影!!

試験管に計って入れた5mLの水・・・・。もったいなくて捨てれない!!
水素爆発音!! 今日は「ふん」ってくらいしかならなかったけど「きゃーーーー」と歓声。


実験、こんなに喜んでもらえるならやらせてもらえて本当に良かった・・・。

日本と違って、かえがえのないものがここにはあります・・・・。

kennskou1.jpg

そして、6月5日は創立記念日。74周年記念日。
今日は夜にたいまつをもって教会から学校まで歩くというイベントがありました。

学校に着くと盛大な花火が!!

日本も創立記念日。
盛大にお祝いしたらいいのになぁ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。