上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月21日(木)TANNSU.jpg
 ここがこんな風に変わりました!!母がクローゼットを作ってくれました!!
              

 今日も5時半に起きて学校へ。
 今日は午後も授業参観をさせてもらい4時半に学校を出ました。
 
 理科の実験でどうしても水酸化ナトリウムが欲しくて、ずっと探していたのですが、今日やっと発見!!!
 なんとスーパーに普通に販売されていました。

 そして、湿気取りを買おうと思って、つたないスペイン語で質問をし、あきらめかけていたころ、店員さんが理解してくれて、ゲットすることができました。

 パナマは本当にずっと、湿度が80%前後です。気温は昼間でも私の部屋は30℃ちょっとくらいにしか上がりません。

 私の部屋に本当に素敵なクローゼットを母が作ってくれました!!それで、絶対にカビが来たらいやだなと思い湿気取りを購入。日本では、3つで150円くらいで購入できたのに、パナマでは2つで5.5ドルもしました。こちらの金銭感覚を日本円に直したら(約3倍くらいと考えたら)1500円くらいの高級なものです。しかも、使い捨てのものはほとんどなく、詰め替え用でした。日本で詰め替え用なんて使ったことがない!いっつも水が満杯になったら、その容器は捨てて新しいものを交換してました。
 パナマではプラスチックは高いので、むやみには捨てないのかなと思いました。

 なんだか、こんな場面でも、日本は贅沢にプラスチックをたくさん使っているんだなぁ・・・としみじみ感じさせられた一日でした。
スポンサーサイト
   koiba2.jpg

   本当は行く予定ではなかったのですが、パナマの先輩隊員が企画されていたコイバへの旅。行く予定だった方が急遽、病気でいけなくなったということで、声がかかって行くことにしました!!
 土曜の朝早くに出て、コイバ島に一泊。
 コイバは数年前まで監獄として使われていた島です。
 その場所も訪問して、パナマの歴史を学習することができました。
 今では、自然が豊かということで国立公園に指定されています。
 島についてすぐ、イグアナが出迎えてくれました。

 海も本当にきれいで、クジラやイルカ、サメにも出会うことができました。
 クジラが潮を吹くところも見ることができ、一生に一度の良い思い出です。

 先輩隊員のみなさん、本当にお世話になりました。ありがとうございます★
                

 今週は、午後からも大学生の予備授業を見学させて頂きました。大学にも勤めている先生はすごく働き者です。午前は7:00~12:35まで。午後は13:00~18:30くらいまで。本当にすごい。お昼もゆっくり食べることなく、今日は午後から予備授業30分×9コマを参観させてもらいました。
 大学生は4人グループで理科の授業を行います。
2.jpg      3.jpg
 
 とにかく、教材作りがすごく熱心で、たくさんの教材を作っていました!!
 本当に感動です!!

 実験を取り入れているグループが少なかったので、大学生にも理科の面白実験を紹介できたらと考えています。


 今日もいつものように授業参観。
 授業の合間に、日本の学校のことについて話をさせて頂きました。パナマでは、授業の始まりも終わりもあいさつがありません。また、「おじぎ」というものがありません。
 授業の始めと終わりに日本では、全員立ってあいさつをするんですよ、という話をしたら、全員でやってみようということになりました。
 私が前で見本をみせたのですが、おじぎをしたことがないので、みんなうまくできません。おへそを見て相手につむじを見せるようにと説明すると写真のように少し上手におじぎをすることができるようになりました。

 初めてのおじぎ。みんな笑いながら楽しそうにやってました。
 日本では当たり前のあいさつの習慣。
 パナマでは不思議に思う習慣。

 文化の違いを感じ、やっぱり世界って広いなって思います。

 最後に先生が、これが日本の文化なんだよ~とまとめてくれました。
 
8 16 ka

 パナマには教科書はあるけれど、高いものなのでほとんどの生徒が持っていません。
 「では授業を始めるので教科書○ページを開いて・・・・」と日本では普通のように使われている教科書ですが、パナマでは本当に貴重なものです。

 でも、私の勤める学校の先生方はすごい!!!(国内唯一の教員養成(小学校)学校なので、先生方はエリートばかりです)
 この学校のカリキュラムに合わせて教科書を自分で作っています・・・。
 本当に働き者だな・・・。と感心させられます。

 同じ教科でも先生が違うと教科書も違うので(使っていない先生もいるので)、来年のために統一した教科書を作成したらどうかと提案をしてみようと今のところは考えています。
2011.08.18
815getu.jpg

 今日は日本ではお盆ですが、パナマはいつも通り学校でした。
今日は、生物の授業を参観させていただいたのですが、素晴らしい実験をされました。パナマに来て初めての実験でした。
 この実験はペーパークロマトグラフィーで緑葉に含まれている色素を調べるというもの。私も日本で実験したことがなかったので、勉強になりました。先週末、パナマの理数科教師で集まり、その時に生物の先生から借りた沖縄県の生物実験ノートにはしっかりとこの実験が記載されていました!!


 次に直視分光器を使って光のスペクトルを観察します。
 私も、僕も!!!と 子どもたちは興味深そうに実験に取り組んでいました。
 やっぱり日本と同じで子どもたちにとって、実験は楽しいですよね。

 たくさんの先生方が実験を通して学ぶ授業ができるように先生方をアシストしていこうと思います。

 
810 sui

 カウンターパートの授業を参観していると、一人の女の子が私を訪ねてきました。パナマでは授業中にも関わらず、生徒が呼ばれたり、先生が呼ばれたりします・・・。授業よりも用事が優先のようです。
 何のようかな、と思ったら化学の質問がありますとのこと。
 本当に勉強熱心です!!

 やっぱり、専門用語をまだ未習得なので苦労はしましたが、何とかすべての質問に答えることができました。
 有機化合物と無機化合物の分類とか、イオン結合と共有結合の分類とかです。

 パナマでは、日本の高校では踏み込まないような領域まで教えます。
 化学は日本の大学で習うようなことも高校で学習します・・・。
8 7niti

 夕方になって、何やら家が騒がしくなりました。ついでに私も呼ばれて、何のことだろうと行ってみると、「宿題をちゃんとやりなさい」とお母さんが子どもに言っていました。私のホームステイ先には私と同年代くらいの娘さんが出産のため帰省しています。そのために子どもたちも(生まれた子を含め)4人ほぼ一緒に暮らしています。
 写真は長女の女の子。現在、小学1年生。彼女は非常に優秀で、3歳の頃から文字が読めたのだそうです。将来の夢は弁護士!!この年で将来の夢がしっかり決まっていることがすごいです。
 ちなみに彼女の通っている学校は、時間割や宿題がインターネットに掲示されます。日本の私の地元よりも進んでいるのではないかと感じさせられました。しかも、小学1年生でペイントを学習するそうです。月曜日にパソコンの学習があるので、今日、予習をしなくてはならなかったようです。
 日本人=パソコンができる、と思われているらしく、教えて~とお願いされました。


 今日もいつものように授業参観。
 授業が終わると、一人の女の子が近づいてきて「レガロ」と言って小さな箱を渡してくれました。開けてみるとなんと、手作りのピアスとブレスレットでした!!驚いたのが、箱も内装?も全て手作りということです。箱は可愛らしい雑誌で包装紙、ピアスが固定されるように発泡スチロールをきちんと敷いてあります。また見栄えがいいよう赤い紙をコーティング。
 いやぁ・・本当に器用です。また包装技術も素晴らしい!!

 パナマ人は不器用な人が多いのかな、と勝手な偏見を持っていたのですが、日本と同様、人それぞれということですね★☆

 この高校一年生の女子生徒もやっぱり先生の卵。こんな風にある材料を利用し創意工夫を凝らしてたくさん教材を作ってほしいです。すごく将来が楽しみな一人です。
 今日は午前中、洗濯や掃除をした後、必要なものをホームセンターまで買いに行きました。お昼に以前知り合った、ハーバード大学の方から電話があり、夕食に誘っていただきました。

 是非、私も英語を勉強したいとお近づきになったのですが、スペイン語を学び出してから、基本中の基本の単語まで出てこない始末・・・・。

 でも、やっぱり英語は話せるようになるべきだと強く感じた一日でした。

 彼女達の組織WORLD TEACHは、私たちJICAと違い、短期間だそうです。2,3か月・・・。パナマで主となって活動されている方は12月まではいらっしゃるということでした。もちろん私たちと同じく給料はないということでしたが、受け取る生活費が私達の半分ということを聞いて驚きました。大切にお金はつかわなきゃなと思います。私はできるだけ、実験の材料や試作のためにお金を使おうと思っています。生活費として頂いたお金の残りはパナマに還元できるようにしたいです。子どもたち向けの実験も絶対に実現させるぞ!! 


 今日も授業参観をさせて頂きました。
 明日がパナマの化学の日ということで、一人ずつ一つのテーマにそって発表しました。写真の彼女はすごく上手に模造紙にまとめていて、さずが先生の卵だなぁ・・・と感心させられました。


 私の学校の制服です。生徒に頼んで一緒に写真に写ってもらいました。10年生です。日本でいう高校1年生。
 女子は看護婦さんのような真っ白の素敵な制服です。スカートを短くする生徒もおらず、きちんと着こなしています。男子もさわやかな制服です。
 今日は、私がどの教室を使うかで、少しごたごたしました。本当に落ち込みました。色んな先生が、私のために色々と配慮をしてくれるのですが、自分の気持ちがスペイン語で十分伝えられず、申し訳なくなり・・・・・。私がスペイン語で十分にコミュニケーションがはかれないばかりに、色々な先生にストレスを与えていると思います。でも、今の私には頑張って、地道にスペイン語を勉強するしかないですね・・・。
 パナマには先生が個人的に使える机やスペースがありません。空き時間は廊下の踊り場のスペースで過ごしています。そのため、どこに移動するにしても、自分の荷物をすべて持っていかなくてはいけません。本当に大変です。でも、先生方はパソコンや時には自分のプロジェクターを持って来て授業をしています。本当に働き者です。
 


 今日は朝から仕事場(パソコンや、印刷等のできる物理的なスペース)をどうしたらいいのか、教頭に尋ねにいきました。カウンターパートの先生が、とても優しく協力的なので本当に助かっています。その帰り、「まだ、ここ見てないわよね」と連れてきてもらったのが、このホールです。壁にはパナマ人の画家が描いた絵が飾られ、一枚一枚、すごく高いらしいです。その画家はこのホールを作成中に亡くなってしまったということで、写真ではわかりませんが、右側の一部が未完成のままです。世界に一つだけのホールです。
 すごく素敵なホールです!!
 今日も一日、授業参観をしました。その場では自分の考えを十分に伝えきれないので、帰って感想を手紙に書いて次の日に渡しています。今日は折り紙で作った鶴も一緒に手紙と渡し、とても喜んで頂きました。明日も、是非、自分の授業をも見においで!と言ってくれました。日本と違う部分もありますが、すごく元気な先生もいらっしゃり、生徒の心を惹きつけながら授業されています。また、他の先生の授業を観察し、自分自身の授業を今、すごく反省しています・・・。日本に戻ったらもっとパワフルな授業ができそうです!!!

 お昼休みに図書館に寄ったら、たまたまパナマ人の英語の先生が話しかけてきてくれました。私と同じようにアメリカ人も今、この学校に来てるわよ、と教えてくれ、紹介してくれました。話してみると、なんとハーバード大学の国際協力関係の方々でした!!一緒にご飯を食べたりしましょうねと言ってくれ、また英語も教えてくださるそうです。これぞ一期一会。
 出会いを大切に過ごしていきたいと思います☆

 帰りにはたまたまスーパーで先輩隊員に会い、サンチアゴのことを色々と教えてもらいました。いつも笑顔が素敵な先輩隊員です★☆★
パナマでの一日の生活

 起床 5:30
 通勤 6:30(徒歩で30分、自転車で15分)
 1時間目 7:00-7:40
 2時間目 7:40-8:20
 3時間目 8:20-9:00
 4時間目 9:00-9:40
  休憩  9:40-9:55
 5時間目 9:55-10:35
 6時間目 10:35-11:15
 7時間目 11:15-11:55
 8時間目 11:55-12:35

  昼食
 午後から 図書館にてカリキュラムを読む
      物理実験室の器具の調査
 17:00 帰宅
 20:00 夕食・シャワー
 21:30 就寝

 初めて時間割を見てびっくり!!インドネシアでも1時間目は7時からということで朝早いということもあるということは知っていたのですが、まさか休憩時間がないなんて!!!しかも、40分授業が1日に8コマもあります・・・。この時間割に慣れるまで、もう少し時間がかかりそうです・・・。今は参観だけさせて頂いています。

 パナマに来て、最初のチョレラのホームステイ先でお母さんが言った「電気代が高いのよね・・・。」という言葉が心に残っています。自分が使った分だけ電気代を払うわけではないので、お世話になっている家庭にできるだけ迷惑をかけないようにと心がけています。(家賃と光熱費を定額で払っています。)最初のおうちでは、皿を洗うのにもほとんど水を使わず、要領よく洗っていたので本当に勉強になりました。インドネシアに行ったときにも強く感じたのですが、『早寝・早起き=究極のエコ』だと思います。暗くなって、遅くまで電気を使って起きているよりも、朝明るいうちに活動すべきだと思います。絶対、その方が健康にもいいに違いありません。でも学校が7時から始まるので、今、私も早寝・早起きができているのですが、休みの日はゆっくり遅くまで寝ていたいですよね~。でも、なるべく早く寝るということを心がけたいです。
 そして、今、お世話になっている家族に「日本人を受け入れて本当に大変だった、もう一緒には暮らしたくない」と思われないように規則正しく生活したいと思います。
 私の行動で、パナマ人に日本人の悪い印象を与えないように、責任ある行動をしたいと思います!!

 今日は、全校集会がありました。校長先生から初めて生徒の前で紹介して頂きました。1000人を超える生徒の前でJICAのことや日本のこと等を話しました。
 この集会が終わって、やっとノルマル教員養成学校の職員の一員になることができたように感じます。また、今日から授業参観を始めることができました。今日は3人の先生の授業を見させて頂いたのですが、本当に興味深い授業ばかりです。
 
 最近よく「泣いてない?」と聞かれます。何の事だか最初はすぐに分からず・・・・。ホームシックという言葉が私の頭に全くないからなのでしょうが。
 パナマに来る前は不安もあって、帰りたくなったりするのかな?大丈夫かな?・・・という思いもあったけど、今は本当にパナマの生活が楽しくって、ホームシックにかかることは全くないようです。
 食事も美味しいし、パナマ人は本当に優しいからです。
 「パナマの生活が本当に楽しくって全然寂しくないよ」と答えると、満面の笑みを返してくれます。
 パナマ、私は本当に大好きです☆★☆
2011.08.02



 今日は私の任地で、柔道隊員の試合があると聞き応援に行きました。
 本当に強かった!!!!
 彼は、72キロ級と無差別級の両方で優勝しました。他の試合は、一本取ったのか(?)とわからないこともありましたが(素人目だけに・・・)彼の試合は、全て誰が見ても鮮やかな一本勝ちでした。
 試合の進行も日本語で「はじめ!」や「いっぽん」「しどう」等、パナマにてすごく日本を感じることのできる一日でした。
 試合が終わって、力の差が歴然だっただけに、彼はパナマ人に囲まれヒーローでした。
 今日、試合を見させてもらって、私も理科の分野で思いっきり頑張らなきゃなーと俄然やる気になりました。
 本当にスポーツって人に勇気や元気を与えられる素晴らしいものですね☆

 
 今日は、物理実験室の器具を調査しました。
 以前、日本からの寄贈があり、たくさんの実験器具がありました。これからこの器具の使用方法をスペイン語でまとめることと授業へどのように活用するのかを紹介するのが私の活動の一つとなります。頑張るぞ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。