上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今日は9時からJICAオフィスにてオリエンテーションでした。まず、パナマの銀行に行き、口座を開設しました。銀行の入り口には、警備員が立っていて入る前に持ち物を検査します。日本とは違うな・・・と些細なことですが感じました。また、通帳がありません。すべてインターネットで残高を確認するというシステムです。そのため、銀行のカードの暗証番号と、インターネットでの暗証番号の2つがあります。
 
 昨日の晩の夕食が残っていたので、今日はお弁当にして持参しました。JICAの職員のパナマの方もほとんどの方がお弁当を持参されます。インドネシアに行ったとき、「インドネシアには弁当を持参する習慣がほとんどない」と聞いたので、弁当は日本の特有の文化かなぁ・・・と思っていたのですが、そうではないんだな、と感じました。今日はお昼を食べながら、JICAの職員のパナマの方とスペイン語で会話をすることができました。私たちのために、はっきりとわかりやすい言葉で話してくださり、会話はとても楽しかったです。また、さまざまなことを教えて頂きました。

 午後からは日本大使館を訪れました。


 今日は、オリエンテーションが4時ごろ終わりました。その後は報告書を読みました。読めば読むほど、この人の報告書も読みたい!と思い、まだまだ読み終わるには先が長そうです。平成3年からの理数科教師の取り組みは、本当に素晴らしいものばかりです。これまでの支援を少しでも有効につなげていけるように、しっかりと読み、整理してこれからの私の活動を考えていかなければと思います。自分で考えて計画を立てるってこんなにワクワク、ドキドキするものなのだな、と初めて経験しています。私にできるだけのことを精いっぱいやれたらな、と思います。


 夕食は、シニアボランティアの方が自宅に招待してくださり、美味しい料理を頂きました。この3日間で10名程度の先輩隊員の方にお会いすることができました。みなさん、とても親切で温かい人ばかりです。
 本当にパナマ隊員で良かったな・・としみじみ実感しています。    感謝です☆
 
スポンサーサイト


 今日から、オリエンテーションが始まりました。
 パナマの事情を詳しく教えてもらい、安全対策もしっかりと学びました。

 金曜日からは、いよいよ、語学研修(3週間)が始まります。

 
 今日のランチは、JICAのビルの一階にある、お店でお弁当を会食べました。美味しかったです。


 今日は、JICAパナマの所長さんからの講話がありました。やっぱり、語学が大切であるということ、しっかりとこれまでの先輩の実践を知り、計画的に活動するということが大切であるということを感じました。


 オリエンテーション後は、JICAにある報告書を読みました。(1日で読めないほどの莫大な量ですが・・・)自分のやるべきことが、少しだけわかったような気がします。
 明日からも、必死で報告書を読もうと思います。


 夜には、連絡所に先輩の理数科隊員の方が来られて、たくさん話をすることができました。頼れる元気いっぱいのかわいい女性の隊員です。
 


 やっぱりこれから、スペイン語をマスターするために頑張るぞ!!!!!!!
2011.06.22 6月21日(火)
panama

 6月20日(月)午前6時に自宅を出発し、午後4時の便で成田からヒューストンへ(12時間)。一泊して、今日のお昼過ぎにヒューストンからパナマへ(4時間)到着しました。
 成田空港では、他の国へ派遣される隊員の方とたくさん会うことができ、とても懐かしく元気になりました。ヒューストンまでは、ニカラグア、グアテマラ、ベリーズの隊員と一緒だったので、とても心強かったです。

 パナマの空港は地元の空港と同じくらいの大きさかな・・・、と感じました。
 JICA事務所の方が迎えに来てくださり、空港から車で30分で、パナマシティへ着きました。
 高層ビルがたくさん立ち並んでいました!!
 今日から、語学の訓練が始まるまでの3日間は、このパナマシティのJICA連絡所に宿泊し、オリエンテーションを受けます。
 
 日本との時差は14時間。日本は現在、早朝の5時(こちらは午後3時です)と考えると、少し不思議です。

 
 
 
2011.06.10 6月9日(木)

 
 最終試験の結果は・・・リスニングが90点と高得点だったのですが、やはりオーラルが70点台と低かったです。何とか、全体では80%越えを達成することができ、無事に研修を修了することができました。

 そして今日は、盛大な修了式を開いていただきました。壮行会も本当に盛り上がりました。


 みなさんといよいよお別れとなり本当に寂しさと感動で胸がいっぱいになりました。

 午後には訓練所を出たのですが、今日はまだ家に帰りつくことはできません。

 明日、地元に帰ります。


 スペイン語の先生が言ってくれた「覚えるのは大変、忘れるのは簡単」という言葉を胸にこれからの生活もスペイン語マスターに励みたいと思います。

  

 65日間、KTCのスタッフの皆様には大変お世話になりました。
 語学の先生への恩は一生忘れません。

 TBSの方々、毎日おいしい食事をありがとうございました。また、いつも丁寧に掃除をしてくださり、ありがとうございます。

 駒ケ根市民の皆様、いつもあたたかく接していただき、本当に感謝しています。

 そして、たくさんの仲間からたくさんの刺激を受け、励ましをいただきました。これから世界中に別れてしまうけれど、65日間共有できた時間を胸に頑張っていこうと思います。

 
              これからがいざ!!本番!!
教育
 
 この研修所に来て、大好きな友達からお風呂場で「なんで協力隊に参加したの?」と聞かれました。
改めて、自分がその友達に話しているうちに、自分がやりたいと思っていたことを思い出すことができました。本当にその友達に感謝です☆

 7年前に一度、青年海外協力隊に応募をしたことがあったのですが、その時はただ純粋に「誰かの役に立ちたい」と思い応募しました。今もその気持ちは強いのですが、7年教員の経験をするうちに、また新しい目的を得ることができました。
 2年前、初めて海外へ研修に行ったときに、初めて日本を違った角度で見ることができ、たくさんの発見をすることができました。そして、もっと他の国の教育を知り、自分の日々の実践を違った角度から見つめてみたいと強く思うようになりました。


 そのことを思い出し、この研修所で何ができるのか?と考えました。
 せっかく全国の素敵な人たちと共に過ごしているので、「教育」についてどんな考えを持っているのか知りたいと考え、有志の人たちに集まってもらい、たくさんの意見を聞くことができました。


 私のこれまでのさまざまな考えとはまた違った、たくさんの意見が出て、本当に有意義な時間を過ごしました。また、専門外の分野の方も来てくださり、たくさん考えを述べてくれました。本当に勉強になりました。ありがとうございます。


 スペイン語の最終試験が、リスニング、筆記、オーラルの三分野ごとに行われました! 
 昨日まで、必死に勉強してきたのだけれど、今日のテストは本当に難しかったです。 
 中間試験とは全然レベルが違い、非常に難しかったです。

 写真は、講座が開かれていたホールです。約220人のボランティアが一斉に講義を受けます。
2011.06.08 6月3日(金)


 いよいよ!!!公用券が配られました!!!
 なんと、色は緑色でした。
 国の代表として、パナマに行くんだ!ということを実感!!
 まずはスペイン語をしっかりと頑張らなくちゃと思います。
部屋縮
 
 訓練終了まで残り1週間となりました。
 昨日は、友人から本が送られてきました。日本の四季を物語る素敵な本でした。本当にありがたいです。絶対にパナマに持っていこうと思います☆

 訓練も終了間近ということで、お世話になったお部屋を紹介します。
 来たときは段ボール4つ分の荷物があったのですが、帰りは2つくらいかな・・・と考えています。
 来る前は、暑くなるだろうと考えていたのですが、着ていない半袖の服もあり・・・。残念。

 とても勉強に励みやすい環境でした・・・。

 今日は、自分がなかなかスペイン語を話せないことに落ち込みました・・・。
 先々週から、タジェールやプレゼンタシオンの準備で夜型になってしまい、朝、ギリギリまで寝ている生活になっています。最後のヨガは絶対に行こうと思います。
 今は、最後の試験に向けて全力投球中!
 空き時間は全て教室で勉強して、夜10時過ぎに部屋に戻り、それからリスニングをして、また復習して寝るという生活です。
 今日は午後6時半から少しだけピアノ、ギター、リコーダーの合奏をしました☆
 「カントリーロード」素敵な曲です☆
 
 スペイン語、絶対話せるようになるぞ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。